育毛シャンプーの効果を考える

育毛シャンプーの効果はあるの?薄毛に効く育毛シャンプーを探してみた

育毛シャンプーには育毛効果はあるの?

育毛シャンプーには育毛の効果があるの?という疑問をお持ちの方も多いと思います。当サイトでは、育毛のために作られた育毛シャンプーが、発毛や育毛のために効果があるのかという素朴な疑問にお答えすることにしました。当サイトで基本的な疑問を解消し、迷わず育毛シャンプーを使えるようになってください。

育毛シャンプーの効果については両方の意見がある

 

育毛シャンプーは、効果があるという話と効果がないという話の両方があります。これまでネットで情報収集をしてきた方であれば、これはお気づきではないかと思います。

 

では、効果ある・効果なしのどちらを信用したらいいのか、という話になりますよね。

 

これは、正確にはその間くらいと考えればいいのではないかと思います。効果があるとも効果がないとも言えないというくらいですね。

 

なぜそのような位置づけで考えるべきかと言いますと、育毛シャンプーの他に育毛剤という商品があり、それらはたいてい、同じメーカーで両方とも発売しているからです。

 

育毛シャンプーよりも育毛剤の方がより効果を怪しんでいる人が多いのではないかと思いますが、そうしたマーケティング事情もあるのではないかと思います。

 

でも、育毛シャンプーは全く育毛効果がないのかと言いますと、それは語弊があります。でも、育毛シャンプーに育毛剤ほどの効果があるかと言えばそうではない。効果についてはそのように考えるというわけです。

 

では、育毛シャンプーに効果が多少なりともあると言える理由は何でしょうか。

 

それは、育毛シャンプーは育毛効果が促進されるような頭皮環境を整えることを目的とした成分が含まれているからです。

 

育毛シャンプーを使うことで頭皮環境が改善されれば、積極的な発毛効果のある強い成分が入っていなくても、それまで押さえつけられていた障害がなくなることで髪が伸びてくる、そんな風に考えれば効果が期待できるという話は納得して頂けるのではないでしょうか。

育毛シャンプーが育毛効果を発揮するための成分

 

育毛シャンプーに発毛・育毛効果をもたらすための成分についてまとめてみます。

 

普通のシャンプーに入っている質の悪い成分が含まれていない

 

市販されている安いシャンプーの場合、髪の艶を良くするためや、指通りをよくするため、または汚れをよく落とすなどの効果を引き出すため、多くの質の悪い成分が含まれていることがあります。

 

例えば界面活性剤であったり、ラウリル硫酸ナトリウムなどです。こうした成分は材料費が安く済みますし、見た目の効果を実感しやすいためか、市販品のシャンプーにはよく使われているわけです。

 

ところが、薄毛で悩む人にとってはこうした成分はマイナス効果になります。薄毛の人の場合、頭皮の保湿状態を維持するため、皮脂は取りすぎてもいけません。逆効果なのです。そのため、洗浄力はほどほどでないといけないので、界面活性剤を使うなんてのは良くないわけです。

 

また、普通のシャンプーにはシリコンが使われていることが多いです。シリコンは髪をコーティングする効果があるのですが、シリコンは毛穴に詰まることがあるため、髪を伸ばしたい人にとっては好ましい成分ではありません。

 

 

天然成分が多く使われている

 

効果があるとして口コミで人気のある育毛シャンプーには例外なく、多くの天然成分が配合されています。

 

プレミアムブラックシャンプーですとオタネニンジン根エキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、センブリエキス、オランダガラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、加水分解米エキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、褐藻エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、オリーブ油、ユーカリ油、オレンジ油、ユズ油、ドクダミ、グリチルリチン酸、クララエキスの全21種類の効果的な成分が含まれています。

 

haruスカルププロの場合は、ココイルグルタミン酸、コカミドDEA、グリセリン、ココイルメチルアラニン、ベタイン、カプリリルグリコールなどなど・・・成分は商品によって全く違いますし、その配合割合は各社独自の割合となっているわけです。

 

中には育毛剤でよく使われるミノキシジルという成分よりも効果があって、かつ、天然の成分であるキャピキシルを配合しているものもありますので、育毛シャンプーなのに本気で育毛効果を期待してもいいんじゃない?と思うような商品もあるのが最近の傾向です。

 

育毛シャンプーが効果を発揮するためのシャンプーの仕方

せっかく良い育毛シャンプーを使っていても、シャンプーの仕方が正しくないと、その成分が活きず、効果を引き出せません。そのため、以下でシャンプーの効果的な仕方について解説していきます。

 

1:ブラッシング

 

まずはブラッシングをしっかりすることです。シャンプーをする前にブラッシングをすることの意味は、髪がもつれているのをほぐす効果があるためです。

 

2:しっかりと髪を濡らす

 

本格的な洗髪に入る前に、髪をしっかりと濡らして水分を与えましょう。そして、シャンプーをつける前に、水だけで十分に汚れを落としてください。汚れの大半は、シャンプー液を使わなくても落ちてしまいますので、地肌からしっかりと濡らして下準備をすることが効果を引き出すために重要です。なお、お湯は38度くらいが効果的です。

 

3:シャンプーを手で泡立てる

 

シャンプーはいきなりそのまま頭につけるのではなく、まずは手のひらで十分に泡立ててください。泡立てずに直接、シャンプーの原液を頭につけると、頭皮全体に液が行き渡らないということが起きますので、十分な効果を引き出せません。

 

4:頭皮をマッサージするように洗う

 

シャンプーは髪を洗うイメージが強いですが、頭皮をきちんと洗うことが大事です。また、洗髪の時には頭皮をマッサージすることが効果的です。頭皮の血流を改善させることで髪に栄養が行き届きやすくなるのです。

 

髪を洗う時はかゆいところがあっても、爪を立てたりせず、指の腹を使ってやさしく洗いましょう。床屋さんに行って、爪を立てて洗う理容師さんはいませんよね?それがマイナス効果だと知っているからです。

 

5:すすぎもしっかりと

 

洗髪後にシャンプーの液が残らないようにするため、しっかりとすすぎをして落としましょう。十分に時間をかけてください。なお、育毛シャンプーの場合は二度洗いしてもさらに効果的です。

 

6:水気をふきとる

 

シャンプー後は、水気をふきとりましょう。ただし、タオルで頭をぐるぐる巻きにするのはあまりおすすめしません。水分をタオルに染み込ませるイメージで、ゴシゴシと水を拭き取るようなマネはあまりしない方がいいです。その後、ドライヤーで乾燥させるのが効果的です。

 

7:その他

 

シャンプーは毎日でなくても効果があるという人がいます。確かに、毎日シャンプーをする習慣が根付いたのは最近の話かもしれませんが、育毛という視点からいうと、やはり1日1回はシャンプーをしておいた方が効果が大きいです。

 

シャンプーは髪の汚れを取るのが第一の目的なので、育毛シャンプーの効果を最大限に引き出すには、やはり毎日きちんと洗髪を行い、頭皮を清潔かつ頭皮環境の正常化をはかる方が、育毛や薄毛予防にとって効果的であろうと思われます。

関連リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ